• やられたらやり返しちゃうからそうなっちゃうかも。


  • そりゃーおみゃーさん、一人より二人だがね!


  • 今の私の現状が同じなので、出来れば手を組みたいと思っているから。


  • 何でもしますね。愛していたからこそ、1%でもその人の心の中に自分が存在するのだと信じていたんだから。惨めで、哀れだと自分自身思いながらも、愛の深さゆえに鬼になります。私なら…。引き下がれるほど、大人にはなれません。


  • 復讐する能力なんてないと思うんですが、同じような目に遭った人と話をしたいという気持ちはあると思います。本当に気持ちが冷め切っていれば、もう恋のライバルでもないわけだし。


  • どんな手を使ってでも、人を裏切るような最低な男には復讐したいから!


  • 復讐までは行かないが、過去に二股をかけられ、その相手と意気投合し、二股を掛けていた相手を呼び出して、二人同時に公衆の面前でビンタして振った事が実際にある。


  • お互いの得意なことや立場などを踏まえて、それぞれ分担して合法的に復讐していきたい(手を組んだ人間も裏切られていた場合に限ります)。


  • 復讐できるならどんな人とも組める!


  • 結局苦しい目にあうのは女。無意識にせよ、意識的ならなおさら、複数の女性を不幸せにしている男はこらしめなくてはならない、と思います。


  • 何をされたか内容によるけど…復讐しないといけない程の事があったなら手段は選ばないかも。ライバルと手を組む事に抵抗はないかなぁ。


  • 実際に組んだコトあります(笑)


  • 自分を裏切った理由にもよるが、他の女性もだましているようであれば、手を組んでその男を陥れたいと思う。


  • 現実ではなかなかありえないでしょうけど、もし私なら破滅するとわかっていても徹底的に相手を追い詰めます。それ程の事をしたのだから…相手の男が…。


  • どんなことをされたかによるが、一人より二人のほうがより効果的に復讐できると思う。復讐といえども殺人はしない。それより生きて苦しめるように、社会的地位をうばうとか、金銭的な打撃を与えるなど考えるだろう。


  • 男への復讐には手を組むのは女同士の方が心強いし、一番の目的のためには相棒の経歴なんて関係ない。
  • 他人は他人。絶対信じない。最後は必ず私が笑う。


  • 相手が何を考えているかが読めるなら組みますが、かかわりもないですから、それはできませんよねー。


  • 中途半端かもしれないけれど、手を組むほどまでに落ちぶれたくはない。成功したとしても、満足感なんて偽りのものなんじゃない?


  • ライバルには自分の弱みを見せたくないですね。例え恋人への復讐だとしても、誰かの力を借りてまでやり遂げたくは無いです。本気の「仕事」は一人で…の主義なので(笑)自分の出来る範囲の最上級の復讐を模索します。


  • その相手からも裏切られる可能性があるから、一人で復讐をすると思います。女なんてそんなものだと思うんですよね!


  • 裏切りの程度にもよりますが、豊美ほどの仕打ちをされたら、復讐を考えると思う。でも自分ひとりで復讐したい。単に、恋人に裏切られるなんて自分の汚点だから。他人に知られたくないという理由。


  • 人なんて結局信用出来ないので。信用出来るのは自分ひとりだけだと思いますが、悲しすぎる考え方かなぁ。


  • 復讐は誰かのためじゃなくて自分のためにするものだから、共同作業はありえない。より効果的な復讐のために手を組むというのは『アリ』かもしれないけれど、憎悪だけのつながりは後々しんどい…と思います。


  • 本当に憎いならば、絶対自分がしたとわからない方法で何かするかもしれない。


  • 復讐するのはよほどの場合。絶対に許せない、自分の人生を奪われるほどの裏切りや仕打ちがあったら、自分に出来ることで、相手をノックアウトしてやりたい。


  • 自分ひとりでも十分復讐できると思う。


  • 裏切った相手を見返すぐらいまでに女を磨く。
  • 本当にひどい男なら、自分が手を下さなくても必ず自滅するときが来ると思うから。


  • 早く忘れた方が自分の為になる。復讐なんていつか自分がバカらしく思える日が来るし、自分が傷つくだけ。


  • 人にした事は必ず自分に返ってくると思うので復讐はしないです。


  • 相手が裏切ったから自分も…なんて、そんな事したら自分も同罪です。相手のレベルに合わせて自分の価値を下げるような事しない方がいいと思う。所詮、そんな小物はいずれその報いがありますから。


  • ひっそりとあきらめるというより、さっさと気持ちを捨てますね。復讐なんてしないな。自分を大事にしたいから。忘れることはできないと思うけど。


  • 復讐なんて、出来ません! 1度は好きになった人ですから…。


  • 仕返しが怖いので、自分の幸せを思ったら、水に流すのが得策だと思う。


  • 人を許せない人が一番愚かな人間だって若い頃に言われたから。謙虚ほど、日本人の美学だと信じていますが…。復習するなら、徹底してしたほうがいいと思うのも本音です。


  • 自分が惨めになるだけなので、相手をあきらめるのではなく、許してあげます。


  • 裏切られた人に、それ以上関わりたくない。復讐なんてしたら、自分が嫌になると思う。幸せだったことだけ、「ありがとう」という気持ちでいて、あとはとにかく前を向いて歩いていく努力をする!! 相手が後悔するような素敵な女性になるよう努力する。


  • 付き合っているときより幸せになることが最大の復讐だと思うので、さっさと忘れて、自分を幸せにするためにエネルギーや時間をつかいたい。


  • 私は多分復讐はしないと思う。なぜならする勇気がないからです。例えしたとしても、どこか虚しい気持ちになると思う。


  • もっと未来の幸せを考えたい。過去に縛られると、未来はこないから。


  • 過去に執着するより、新しい事にエネルギーを注いだ方がずっと楽しいですもん♪ もっと良い人探します☆


  • きれい事を言うつもりはありませんが、復讐なんてしても、しょうがないと思います。復讐を考えたり、復讐する時間があるなら、もっと自分を磨いて、新しい恋人を探すほうがいいです。
  • 豊美と同じ心境かも、恋のライバルにも仲間と見せかけ復讐するかも。


  • 豊美のように殺されかけたら…。恐怖と絶望のどん底ですよね。二度と関わらないように、彼の前から姿を消すことを選ぶか、相手を自分の世界から完全に抹殺するか…。もし後者を選ぶなら、手段は選ばないでしょう。


  • 関係していた女性全員を陥れなければ、気がおさまりません。手を組んだように見せかけるようなことはするでしょうね。


  • 恋のライバルのほうが恋人より憎い。ひょっとしたら、恋人より先に復讐したい。


  • 己のした事はいずれ己に返ってくる、です。行動はおこさず、これから先の自分の幸せをまず考えます。でも心のどこかに「相手もいずれ唯じゃ済まないよ」と密かに思い続ける。これが私のプチ復讐でしょうか(笑)。